【劇プロ】野球クイズ王決定戦
劇プロ
公式サイトはこちら
総チャレンジ数:
8,836人
平均正解数:
23.32問

参加方法

問題は全部で30問あります。制限時間はありません。
全て4択の問題です。すべてにお答えください。
※回答途中に別ページに遷移すると回答がリセットされます。
※設問にある成績は2019年4月時点の国内の結果に基づいています。

※全角半角12文字まで

  • 阪神で、2015年以降5年連続開幕投手を務めている投手は誰?

  • オリックスの山本由伸投手の投げるカットボールが、「魔球」と呼ばれる理由は次のうちどれ?

  • 西武の現役選手で、通算安打数がもっとも多いのは誰?

  • ソフトバンクの柳田悠岐選手が、2015年以降4年連続で獲得しているタイトルは何?

  • 西武の多和田真三郎投手が2018年に獲得したタイトルは何?

  • 2019年に通算1500試合出場と1500安打を達成した、ソフトバンクの選手は誰?

  • 2019年に「プロ初登板初先発で初勝利」を記録した、巨人のルーキーは誰?

  • 「ハマのプーさん」の愛称で知られる、DeNAの選手は誰?

  • 2018年にDeNAのロペス選手が、一塁手として史上初めて達成した記録は次のうちどれ?

  • 2018年に本塁打王のタイトルを獲得し、MVPを受賞した西武の選手は誰?

  • ロッテのルーキー・藤原恭大選手のポジションはどこ?

  • 現役選手で通算最多安打と最多本塁打を誇る、巨人の選手は誰?

  • 楽天の銀次選手が、2019年4月にプロ入り以来初めてついたポジションはどこ?

  • 2019年の楽天で、開幕戦で4番を務めた選手は誰?

  • 日本ハムの王柏融選手の愛称は、出身地から「“何”の大王」?

  • ヤクルトの青木宣親選手が、歴代最高の通算記録をもつのは次のうちどれ?

  • 2019年の開幕戦で、ルーキーながらクリーンアップの5番打者を務めたオリックスの選手は誰?

  • 現役で、通算最多勝利を誇るヤクルトの投手は誰?

  • 2017年、2018年の阪神で、2年連続30セーブを記録している投手は誰?

  • 2019年に広島に移籍した長野久義選手の背番号は何番?

  • ファーストネームを登録名としている、大河、飛雄馬、大和が在籍するチームはどこ?

  • シーズン60本塁打の日本記録を持つ、ヤクルトの選手は誰?

  • 2014年から18年まで5年連続最多奪三振のタイトルを獲得している、楽天の投手は誰?

  • 阪神の梅野隆太郎選手が、2019年4月に達成した記録は次のどれ?

  • 2018年に全試合フルイニング出場を達成した、ロッテの選手は誰?

  • 2018年に首位打者と最多安打のタイトルを獲得した中日の選手は誰?

  • 中日の外国人選手のアルモンテとモヤに共通する特徴は、次のうちどれ?

  • 巨人の次の外国人選手のうち、野手は誰?

  • ソフトバンクの次のリリーフ投手のうち、左投げなのは誰?

  • DeNAの次の投手のうち、右投げなのは誰?

Go To Top